申し込みページへジャンプ

概要インストラクター資格は、特段の手続きをおこなわない限り2年間で終了します。多くの方は更新を希望されると思いますので、ここではその方法について説明します。BLSインストラクター、ACLSインストラクター、PALSインストラクター、ACLS-EPインストラクター、ハートセイバーインストラクター、PEARSインストラクター共通です。
更新方法(有効期限内)以下の条件を全て満たすと、更新が可能です。
1.2年以内に4回以上コースを指導していること。
2.2年以内に1回以上、更新モニターテストを受けて合格していること。
3.2年間に1回以上、ファミリー&フレンズ(相当)のプログラムを提供していること。
4.当該プロバイダーの能力が維持できていることを証明出来ること(通常はプロバイダーコースを再受講します)。
更新方法(有効期限後)有効期限を切らして1ヶ月以内
有効期限を切らして3ヶ月以内
有効期限を切らして6ヶ月以内
含まれない主なもの当コース参加時に必要:
・日本BLS協会会費:月1,000円
・ユニフォーム:7,800円
・昼食
当コース参加後に必要:
・教育実習(モニター)費:10,500円(日本BLS協会入会者は必要なし)
・国際トレーニングセンター更新会費:5,000円/隔年 (2年後に必要)
講習時間7時間 (参考 0900時集合 1700時解散)
持ち物必携:有効期限内のAHAのBLSカード
指導用教材:BLSインストラクターマニュアル、BLS指導用動画教材
任意:BLSインストラクターエッセンシャルコースの認定証、ストップウォッチ、筆記用具、昼食等
追加教材のご案内AHA心肺蘇生と救急心血管治療2020 ガイドライン原著の日本語訳。インストラクター必携の書です。オプションではありますが、AHAのインストラクターとして必ず目を通しておかなければならない一冊です。
ECCハンドブック2020。広範囲な知識を求めるインストラクターには必携の書です。ACLS・PALSコースでも使えます。
コース当日の服装実技はあまりありませんが、プロバイダーコースに準じたカジュアルな恰好でおいで下さい。
コース当日の注意事項AHAの講習ポリシーに則り、開始時間から終了時間まで休憩時間を含めて禁煙です
軽食・飲み物は準備してあります。昼食はご準備いただくか周辺で各自お取り下さい。コース参加中の写真撮影は、コース運営に支障のない程度であれば許可します。受講者ならびに見学者がビデオでコースの様子を撮影することは禁止します。
AHAのすべてのコースは 最初から最後までご参加することが原則です。もし途中で退席された場合はコースを修了したものとはみなされないことがありますので、遠方からご参加の方は電車、飛行機の時間は十分余裕をもっておいてください。
著作権についてAHAの教材、テストはAHAに著作権があります。AHAの許可なく転用、掲載はご遠慮下さい。
キャンセルポリシー一旦納入されたコース料金は、参加をキャンセルされた場合でも返還されません。予めご了承ください。
資格カードの交付BLSインストラクターコース(座学・教育実習)を満足に完了すると、AHA BLSインストラクター資格カードが交付されます。
資格カードの有効期限は2年です。
なお、BLSインストラクターコース(座学)を終了しただけでは、インストラクターにはなれません。必ずBLSインストラクターモニター(教育実習)の受講が必要です。
申し込む
クレジットカードVISA, Master, JCB, AmericanExpress

申し込みページへジャンプ